セラミックについて

セラミック治療とは

セラミック治療は、見た目の美しさ=審美性を目指す治療のひとつです。健康保険適用の治療では、詰め物や被せ物は銀歯やプラスチックが使用されます。特に前歯の場合は、プラスチックの場合、経年で黄色く変色したり、歯ぐきとの境目が黒い筋になって目立ってしまうこともあり、審美的なセラミック治療を希望される方も少なくありません。また、セラミック治療によって、歯科金属を一切使用しない、メタルフリー治療(ノンメタル治療)で、金属アレルギーのリスクも回避可能です。

セラミック治療の適したケース

前歯のすき間を治したい
✔ 前歯の形を治したい
✔ 歯の色を明るくしたい
✔ 銀歯を避けたい・白い歯にしたい
✔ プラスチックの歯を避けたい

セラミックという素材について

セラミックの特徴

銀歯を避けたい・白い歯に替えたい方、金属アレルギーが心配・すでに症状が出ている方、少しでも自然な白さの美しい歯にしたい・審美性にこだわりたい方に適しており、実際に希望される方も多いセラミック治療。 セラミックには様々なメリットがあります。

二次むし歯のリスク・再治療リスクの低減

①高性能の型取り材料による精密な型取り

銀歯などの保険の型取りの場合

自費の型取りの場合

保険適用の銀歯やプラスチックのための歯型取りで使用する型取りの材料は寒天・アルジネートと呼ばれ、安価なため精度が高くなく、辺縁(歯と詰め物・被せ物の境目の部分)の型を正確に記録する事ができません。また、型取りの材料をお口の中から外す際に変形したり歪みが生じるため、正確な歯型を再現する事ができません

一方、セラミック治療や金歯などの自由診療で使用する型取りの材料は高価で精度が高く、歯と歯ぐきの間の溝まで入り込み、辺縁(歯と詰め物・被せ物の境目の部分)の型を正確に記録する事ができます。また、型取りの材料をお口の中から外す際に変形や歪みが少なく、精密な型取りが可能ですこのことは後述の精密な技工物につながり、二次むし歯(詰め物と歯の境目にむし歯ができる事)のリスクの低減につながります

②精密な技工による詰め物・被せ物(精密な適合)

銀歯の適合不良

セラミックの場合

精密な型取りができていなければ、正確ではない歯型を用いて銀歯を作製することになってしまうため、適合が良くない(歯と詰め物・被せ物の境目が滑らかではなく段差や隙間があり、ぴったりではない)詰め物や被せ物ができあがってきますそのため、段差に汚れが溜まりやすく、歯と詰め物・被せ物の隙間から細菌が入り込みやすくなるため、二次むし歯のリスクが高くなります。二次むし歯になると、銀歯を外してむし歯を除去する必要があり、健康な歯の量が少なくなり、歯が弱くなってしまいます

一方、セラミック治療の場合、より精密な型取りにより再現された正確な歯型を用いて作製するため、適合の良い詰め物・被せ物ができあがりますそのため、段差や隙間ができにくく、二次むし歯のリスクを低くする事ができます。これにより、治療のやり直しが少なくなります

③性能の良い接着剤の使用

二次むし歯が見えているイメージ

銀歯を外して二次むし歯が露出したイメージ

保険の銀歯では「セメント」を使用して、銀歯と歯の隙間を埋めます。しかし経年でこのセメントが流れ出し、できた隙間からむし歯菌が入り込み、銀歯の下で「二次むし歯」ができていることも少なくありません。セラミック治療では、接着性の良い歯科材料を使用した「接着治療」により、むし歯菌の入り込むすき間を作らず、歯と長期に渡り安定させ、むし歯の再発(二次むし歯)のリスク低減につなげます。

着色や審美性を損なうリスクの低減

セラミック治療では、プラスチックと違い、変色のリスクが低く、変色による再治療のリスクの低減につながります。また、歯科金属を使用して治療をした場合、被せ物と歯ぐきの境い目から金属が透けて見える「ブラックマージン」が起きたり、 歯科金属がイオン化・溶出して、歯ぐきにしみこみ、黒く変色する「メタルタトゥ」のリスクもありますが、オールセラミックを使用した「メタルフリー治療(ノンメタル治療)」を行えば、そのようなリスクはありません。

歯の色や形など様々なお悩みの解決にも

セラミック治療では、歯の形や歯の色を、希望のイメージに可能な限り近い形で調整することができます。 ご自身の歯とそっくりの自然な歯の色の再現も可能ですし、ご自身の歯にホワイトニングをして、今よりも白くなった歯の色に合わせて明るい色の歯を再現する事も可能です。また、セラミックの歯の形や大きさを調整することで、歯のすき間をつめたり、今よりも美しいと思える形に調整する事も可能です。

セラミック治療で可能なことの例

銀歯を白い歯にしたい

銀歯を白い歯にしたい、自然な見た目の美しい歯にしたい。そのようなご要望は増加傾向にあります。セラミックの歯は、自然な白さと見た目を再現でき、天然の歯とほとんど見分けがつかないような治療が可能です。セラミックの歯は、銀歯と違い、汚れも付着しずらく、また、経年劣化しづらいため、長くその見た目を保つことが可能です。

前歯の形やすき間が気になる

前歯の形の調整、前歯のすき間の調整もセラミックで可能です。被せ物や、ラミネートべニアなどの治療方法があります。

歯の色をなんとかしたい

歯の色の変更もセラミックで可能です。被せ物や、ラミネートべニア等の治療方法があります。